調剤くんV7

進化した使いやすさでより効率的に
処方や保険の入力が簡単
必須項目や、正しく入力されていない枠を色分けして表示します。
登録されている保険や公費によって、入力が必要な項目の色分けや囲いを付けてわかりやすく表示しています。
入力支援機能充実
服用法入力支援機能
外用薬の服用法を、組み合わせて作成できます。組み合わせた後の、追記も可能です。
選択項目は自由に編集することができます。
医薬品ごとの不均等入力
同じ剤の中に入力されている医薬品を、医薬品ごとに不均等入力することが可能です。
処方入力画面の入力例
服用比率設定画面
コメントの印字設定
処方入力時に入力したコメントは、その場で、帳票への印字設定を行うことができます。
印刷したい帳票名を青くすると、青くした帳票に印刷されます。
サポートサイトと連携
調剤くんの画面上にある「?」のアイコンをクリックすると、サポートサイトが開き、クリックした画面の説明ページを閲覧することができます。
多彩なオプションで拡張性の高い運用
医薬品データベースを搭載
類似名称医薬品検索機能
医薬品の名前が似ているものや、医薬品自体の形状が似ているようなものなど取り違えそうなものを表示します。
処方入力する際に確認することができます。
規格違い医薬品検索機能
自家製剤加算算定時の目安としても便利な規格違いの医薬品を表示できる機能です。
薬局様で採用薬として登録していない医薬品についても表示され、その場で、採用薬として登録を行うことも可能です。
副作用DB参照機能
医薬品ごとの副作用と、症状に関するデータを確認できます。
病名登録による矛盾チェック機能
処方入力時に、あらかじめ患者情報に登録してある病名と、入力された医薬品について、チェックをかけることができるようになりました。
病歴登録画面
処方監査結果画面
2次元システムを標準搭載
処方箋に印字されている2次元バーコードを読み取って、処方入力を行う2次元バーコード読み取り機能を標準搭載。
※2次元バーコードの読み取り機(バーコードリーダー)については別売となります。
充実の機能拡張サービス
詳細はこちら
安心して使える信頼性の高いシステム
サブサーバでトラブルを回避
サブサーバ機能で、サーバー機が故障した場合でもクライアント機を臨時のサーバー機として動かし、機器トラブルに迅速に対応できます。
バックアップでデータを守る
バックアップを、専用サーバーに安全に保管し、機器の故障などの突然のトラブル時に保管しておいたバックアップを使用して、データ復旧を行うことができます。
※お預かりしているバックアップの時点まで復旧されます。
リモートでのサービス対応
突然のトラブル対応や、お電話だけでは伝わりにくいお問合せなど、サポートが直接お客様の端末にリモート接続し操作を行うことで短時間での問題解決を目指します。